前へ
次へ

不動産売却契約終了した後に新居を探すポイント

自宅を不動産売却をする際に、売る事だけでなく新たな新居をどうするかも考える事が大切です。もちろん不動産売却を行いながらそのまま住む事が出来ますが、買い手が見つかり契約すれば引き渡し期限までに退去する事が必要です。実際に不動産売却にともない新居を探すタイミングですが、不動産売却契約後に行う方法があります。不動産売却後に新居を探す場合は、売却価格が確定しているので自分の手元にいくらのお金が入るのかが明確に分かっている状態になります。そのため不動産売却後の新居を探す際は、予算なども含めて探す事ができるのが大きな特徴といえます。明確な予算がわかった上での新居探しになるので、予算内でしっかり納得した新たな家を探す事ができます。ただし売却後での新居探しになるので、その間の空白期間は仮住まいでの生活が必要となります。アパートやマンションなどを一時的に賃貸を利用して生活する事になるので、その間の家賃の支払いが発生するという点も考慮する事がポイントといえます。

Page Top