前へ
次へ

賃貸用不動産も不動産売却こそが出口戦略である

不動産売却はなにも住居用不動産に限ったことではありません。不動産賃貸業を行っている場合、不動産売却こそが投資の出口戦略であるといわれています。不動産売却を完成させて、不動産投資は利益を確定させることが出来るのです。不動産売却によって得られる利益を「キャピタルゲイン」と呼びます。不動産賃貸業では家賃収入で稼ぐ「インカムゲイン」でもうけを得るのが現代の投資法であるといわれていますが、キャピタルゲインでも稼ぐことが出来るのです。バブル景気の時期の不動産投資の稼ぎ方はキャピタルゲインがメインと言われていました。しかし、現代ではインカムゲインがメインと言われています。取得した不動産は出来るだけ、不動産売却せずに、持ち続けるのが投資の理想です。出来れば一生持っていたほうがよいという人もいます。ですが、不動産売却によって利益を得ることも、投資の一つの方法であるという事を覚えておいて損はないことでしょう。

Page Top