前へ
次へ

コロナによる不動産売却の問題点

新型コロナウイルスの影響により、不動産売却がなかなか進まないのが本音です。ステイホームというだけに不動産売却で人気となるのは、広くて快適な家だと担当者から言われました。これまでは駅チカ物件が人気でしたが、仕事や学校さえも自宅で、パソコン前で行うようになり、外出する機会も減ってしまい、さらに商業施設が近くにある不動産売却も人気だったのに、今はネットショッピングできます。それだけに、買い手はステイホームという住心地を優先して希望を出しているといいます。知人の不動産売却が成功した理由としては地方物件だったこともあったようです。もちろん、優良物件は非公開となりがちですから、不動産業者との連携(情報共有)はポイントになるでしょう。また、自分のように住み替えたい場合には、先に不動産売却をしたほうがいいのか、ここが悩みどころでした。コロナ禍の住み替えとなるなら、物件を押さえる買いが先なのか、不動産売却となる売りが先なのか未だによく分かってはいません。

Page Top